悪徳包茎手術商法の被害

悪徳クリニックに注意!包茎手術

悪徳包茎手術商法の被害

悪徳包茎手術商法の被害は恐ろしいものです。
「数万円~十万円、二十万円程度で包茎手術します」という広告を見て、アルバイトで数十万円のお金を溜めて美容外科に足を運んだ大学生が、カウンセリングもそこそこにその日のうちに手術を受けさせられ、二百万円を超える費用を請求されローンを組まされた、という被害報告があります。

このような悪徳包茎手術商法の被害は決して珍しいものではなく、日本中で多発しています。
国民生活センターや泌尿器科医からも警笛が鳴らされているのです。

悪徳包茎手術商法の被害に合わないためには、どのような対策が必要なのでしょうか?
答えはやはり、正しい知識を持っておくことでしょう。

人間のペニスはいわゆる「仮性包茎」の状態が正常です。
女性も気にする人は稀ですし、決して不衛生ではありません。
医学的な意味での包茎とは、いわゆる真性包茎、カントン包茎などのような状態のみを指します。
包皮輪が狭すぎたり、癒着してしまっていたりして包皮がめくれず、男性器としての機能が損なわれている状態を包茎と呼ぶのです。
これは治療が必要になりますので、包茎手術が必要になることが一般的です。
ただしこれはあくまでも治療目的の手術ですので、美容外科ではなく泌尿器科で行われます。

仮に「仮性包茎」の状態で美容外科で包皮を除去してしまった場合、無意味に性感帯を除去することにもなりかねません。
その場合には性行為に障害が発生します。
遅漏になりやすくなるのです。
つまり、医学的に正常な状態である「仮性包茎」の人は基本的に包茎手術の必要がなく、むやみに包皮を除去すれば高額な金銭を支払ってペニスの機能を損なうことにもなりかねないのです。