いわゆる包茎手術の後遺症

悪徳クリニックに注意!包茎手術

いわゆる包茎手術の後遺症

いわゆる「仮性包茎」は、生物として正常なペニスの状態を指す言葉です。
しかしなぜ、なぜ正常なペニスをそのような呼び名で呼ぶようになったのでしょうか?
これは欧米で宗教的に「割礼」の習慣が根付いていたためでしょう。
欧米では割礼により生後間もなく包皮を除去することが多かったので、欧米コンプレックスの塊である私たち日本人がそれに習い、「包皮のないペニスがかっこいい」と認識してしまったことが原因なのです。

医学的な意味での包茎とは、包皮輪が狭すぎたり、癒着してしまっている状態を指します。
包皮がめくれずに男性器としての機能が損なわれてしまうのです。
これを治療するために泌尿器科で行われる手術が、本来の包茎手術なのです。

仮性包茎への不必要なコンプレックスを解消するために、美容外科で行われる「いわゆる包茎手術」を受けた場合、結果的に高い金額を支払って後遺症のリスクを高めるだけの結果に終わりかねません。
わざわざ後遺症のリスクのみを購入することになるのです。

いわゆる包茎手術の後遺症とは、主に包皮を除去したことによる弊害です。
包皮というのは性感帯です。
性的な刺激を受ける神経が集中しているのです。
これを除去してしまうと、性行為の最中に性的な刺激を受けにくくなってしまいます。
つまり遅漏になってしまうのです。

このような後遺症のリスクから、欧米でも最近は割礼の習慣がなくなってきています。
いわゆる「仮性包茎」の状態を「ナチュラルペニス」と呼ぶこともあるのです。
現在では悪徳包茎手術商法の広告に踊らされて正常なペニスの包皮を除去してしまうのは日本と韓国くらいでしょう。