悪徳包茎手術商法の見極め方

悪徳クリニックに注意!包茎手術

悪徳包茎手術商法の見極め方

悪徳包茎手術商法の見極め方は手術前のカウンセリングが重要なポイントです。
泌尿器科で行われる包茎手術というのは、医学的に必要とされる治療です。
包皮輪が狭すぎる、包皮が癒着してしまっている、といった理由で正常に包皮をめくることができず、ペニスが正常に機能を果たせなくなってしまった場合に、その治療として行われる手術なのです。

これに対し美容外科クリニックなどでで行われる包茎手術というのは、医学的に必要とされない手術です。
日本人は無意味にいわゆる「仮性包茎」の状態にコンプレックスを感じていることが多いので、美容外科で包茎手術を受ける人がいるのです。

しかし仮性包茎とはじつは人間として正常なペニスの形状であり、コンプレックスに感じる必要など一切ありません。
そもそも仮性包茎などという言葉は日本にしか存在しないのです。
正常なペニスの包皮を除去すれば、性感帯を除去することになりかねませんので、性行為に障害が発生することもあります。

つまり美容外科で行われる包茎手術とは、包茎の治療ではないのでそもそも包茎手術ではないのです。
無意味に包皮を除去するだけの手術であり、自由診療で保険適用もされませんので費用も高額になります。
もちろん「いわゆる包茎手術」を行う美容外科全てが悪徳クリニックというわけではありません。
患者に頼まれて手術する分には悪徳包茎手術商法とは言えないでしょう。
しかし迷っている患者に無理やり勧めるようなクリニックは悪徳包茎手術商法のクリニックであると判断するべきです。
不必要なリスクを抱えるだけの手術を勧める、医学を悪用したクリニックなのです。